ネイティブスピード

ネイティブスピードのポイントは英語圏で通用する会話力

 

英語の授業では良い成績なのにいざ会話をするとなると発音記号主体のカタカナ英語しか話せないというケースが多々あります。

 

ネイティブスピードは日本人の英語の会話力に注目して作られています。教材のCDには一般的なネイティブの話し方とスピードがそのまま収録されています。

 

聞き取りやすさにポイントを置いた教材ではなく、英語圏で通用する実力を身に着けることにポイントを置いているのです。

 

どのような学習でも初めから完璧に理解できる人はいませんので心配することはありません。

 

根気よく継続して学ぶことで、教材の内容が頭の中にイメージできるようになり、会話の内容が細部まで聞き取れるようになります。

 

最終的には英語で考えられるようになりますのでネイティブであることを意識せずにコミュニケーションをとれるようになります。

 

ネイティブスピードを学習するメリット

 

ネイティブスピードのメリットは何と言ってもネイティブと同等の会話力を修得できるという点にあります。

 

教材には本来の話し方がそのまま収録されているので、特に会話のスピードは英会話を聞きなれない日本人にとっては非常に速く感じられます。

 

速さに驚いて理解できないとあきらめてしまいそうになりるかもしれませんが心配は無用です。

 

教材の特典には無期限のサポート体制が整っていますので、自分のペースでゆっくりと学ぶことができます。

 

まずは英会話のスピードに慣れることに重点を置いてレッスンを進めれば、次第に内容もわかるようになるのです。

 

無理、とあきらめるのではなく、こんな風になれるんだ、と前向きに考えてレッスンを続けましょう。海外旅行や外国人のおもてなしに必ず役に立ちます。

 

正しいやり方をすればネイティブスピードは習得できる

 

ネイティブスピードはネイティブの会話が収録されたCD2枚と学習内容が記載されたテキストとで構成れています。

 

公式サイトでは即効性があると説明をしていますが、正しいやり方をすることが大切です。

 

CDを聴くとわかるのですが、音声は単語が連続しています。単語の意味を考えるのではなく、文章として認識するようにすることがコツです。

 

はじめはわからなくても大丈夫です。最初のセクションは短文なので、数回聞くだけで言っている意味が理解できるようになります。

 

耳を鳴らすためには、週に1日だけ数時間の学習をするより、10分から15分でよいので毎日ネイティブの英語を聞いた方が慣れが早いです。

 

テキストは会話の意味を確認する程度にとどめ、耳が慣れてきたら英文を確認するとよいでしょう。